フランス文学

フランス文学は、中世の騎士道恋愛物語や寓意物語から、20世紀のサルトルやフーコー、そして最近のモディアノ、ウエルベックにいたるまで、世界の文学・思想の先端に位置して、大きな影響を与え続けてきました。当専修ではこのようなフランス文学の魅力をさまざまな角度から研究しています。専任スタッフはそれぞれ小説、思想、演劇という異なるジャンルを専門としており、授業科目も中世から現代まで、小説、詩、演劇、思想、フランス語学などあらゆるジャンルにわたって、皆さんの関心に応えるように配慮しています。フランスの学者や作家を招聘したり、交換留学制度を活用してフランスの大学で学んだり、日仏の学術・教育交流も活発に行っています。知的好奇心をふんだんに持って、フランス語を少しずつ学んでゆけば、狭い研究室がいつしか広い世界へ通じています。

生涯の愛読書を見つけよう
フランス文学は、人間の善悪と美醜をありのままに見つめます。苦しむ者を癒やし、努力する者を励まし、愛する者を祝福します。あなたの生涯の愛読書がきっと見つかるでしょう。

フランス語・フランス文化のエキスパートに
卒業までに、(1)高度なフランス語能力(仏検準1級水準)、(2)フランス文学・文化・歴史に対する広範な知識、(3)論理的・客観的な論述の方法、を習得することを目標としています。